190831 ヤフブロ最後の日!最後は模型ブログらしい記事を

8 0
お疲れ様です。たけおです。
ヤフブロ最後の日となりました。明日以降記事の更新はできなくなり、今年いっぱいで今まで投稿した記事も消える…と。
永年の思い出とも相まって、なんとも諸行無常を感じます。
最後なので、模型ブログらしい記事を…
先日購入したスーパーミニプラ  ベルゼルガ、

プロポーションよし、アクションよし、

マイクロウォーズガンダムの可動フィギュアを乗せてよしの三拍子揃った良玩具なんですが、

降着時はパーツが差し替えで、これはつまらない!
ということで、

ヒザ関節フレームの差し込みパーツ(H11or H12)を固定するダボ穴の後ろ側をC字に切り欠きます。

次に、ヒザ関節フレームの差し込み軸を5mmほど延長します。

スネ前面の切り欠きを、削って広げます。
こうしないと、ヒザ関節が前方に倒れこむ時にスネにつっかえちゃいます。

ヒザ関節フレームを引き出して前方に倒しこむことで可動関節のまま降着姿勢が取れそうです。
差し替えフレームと比較しても遜色ない曲げ角度が稼げました。

スネの前面装甲は、真鍮パイプとハンダ線でヒンジを作成、横開きに移動して降着可動の邪魔にならないようにします。


頭部のバイザーも固定式だったので、こめかみに穴開けて、バイザーにプラ棒の軸を設けて可動式に。

バイザーオープンするとパイロットが覗けるように。



こんな感じで差し替えなしの降着可動が可能に。
スネアーマーも、脇に逃したことで固まり感が出て怪我の功名かも?w
てな感じで9月以降FC2に移ってもおバカ工作は続けていくつもりですので、皆さま今後もよろしくお願いいたします。
本日は、以上!
ページトップ